« 野田プチグルメ | トップページ | 久しぶりのクルーザー »

2006年5月 4日 (木)

2006筑波春の八時間耐久レース

去年 人数が足りないということで、急遽参加した4040メンバーでの筑波春の八時間耐久レースが思いのほか面白かった。 今年は参加者が10名となったのでCチーム(チャレンジチーム) Eチーム(エンジョイチーム)の2チームを編成し参加した。

Cチームは 男性5名 Eチームは 男女中学生も含めた混合チーム

私は5人男女中学生も含んでの混合エンジョイチームである。 スピードを追求するより当日を楽しむためのチームである。

朝 6時につくばサーキットの近くのコンビニに集合しそろって入場。 受付にすでにかなりの人数が並んでいました。受付が終わってタープを張る場所を探すが、すでに大きな場所はほとんどなくちょっと焦る。去年タープを張った場所方向に行くとたまたま1ヶ所だけタープが張れる場所が空いていたので、隣に断って、やっとのことで場所を確保。今日のために準備したタープを張った。 これで設置班としての第一目標は終了。その後まかない班も集合、荷物を運び込み準備完了。

その後、コースの試走を開始。 去年の思い出がよみがえって来る。去年は1周が長く感じたが、コースが分かってきたからか、短く感じる。6時過ぎに入場して設営、試走まで以外にいろいろやることがあり、スタートの時間が近づいて来る。

128503319_174_2

いよいよ10時 Eチームの第一走者として、スタートラインに立つ。サドル持ちはmakiさんにお願いする。 意外に冷静にスタート開始。みんな中央に向かってスタートするので外側にコースを取ると意外に前の方に出られる。初めのうちは、ばらばらで隊列が出来ないが、徐々に束の列が出来る。ついつい目いっぱい走ってしまい20分も経たないうちに第二走者のひととせさんに交代。 交代後2周もしないうちにレッドフラッグ。 落車した人が計測用のケーブルを切ってしまったらしい。 

10:40から再スタート 3番手hochocolaさんにスタートしてもらおうと準備していると、タイヤに空気が入っていない。あわててスタートを2番手ひととせさんにお願いする。1回目に走った分がリセットされてしまったのでちょっと残念。

hochocola ひととせjr mintと続き、二回目いや一回目の順番が回ってくる。スタートしてすぐ40kmオーバーの集団に入れた。 今年は、去年の約400チームから約300チームと少なくなって、カーブでの走行密度が減っていて走りやすく、安全になった。さすがにずーっと40kmオーバーだとちと辛く、少しちぎれてピットイン。

その後回は、40km以下ぐらいで走る集団を見つけてついて行くようにした。

応援者は、kabigonさん 古河から自走で来たアルさん トトロッチ、ラッキー夫妻 akiさん ナオさん satouさん とたくさんの人に訪れてもらいありがたかったです。 みなさんいろいろ差し入れ、写真撮影等ありがとうございました。やはりみんなにささえられているとう実感がします。

10:40から始まったので終了は18:40とばかり思っていたが、18:00終了とのこと。最終ランナは、mintさん または私というところだが、40分もの走行は無理とのことで、ピット閉鎖前に私に交代。 

今年も最終ランナーを勤めさせて頂いた。 去年はラストランの時に左右からチーム員が出迎える形でしたが、今年は仕掛け花火を見ながら、片側から出迎える形でした。ちょっと感動的!

Photo_5

 昨夜自転車を片付ける時に、”フォークに計測器が付いている~~~!!!” ということに気が付いた。 朝から事務局に何度も電話するものの繋がらない。 そうこうするうちに事務局から電話がかかってきて、郵便で送ってくれれば良いとの連絡が来た。やっぱりもって帰っちゃう人 多いんだろうな~

|

« 野田プチグルメ | トップページ | 久しぶりのクルーザー »

コメント

ハチタイお疲れ様でした。
ネットサーフィンしてたらharaさんの所に来ちゃいました。
センサー、お持ち帰りしたなんて。。。
うふふ

投稿: ほっしょこ | 2006年5月 5日 (金) 21時12分

ほっしょこさん いらっしゃい。
帰ってセンサーを見たときにはあせりました。
だってなくしたら3万円という誓約書をかいているんだもん!

投稿: hara | 2006年5月 5日 (金) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173117/9895735

この記事へのトラックバック一覧です: 2006筑波春の八時間耐久レース:

« 野田プチグルメ | トップページ | 久しぶりのクルーザー »