« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月30日 (火)

久々の朝連

春のつくば8時間耐久以来、真剣に走っていないな~~

先日の日曜も晴れてれば走ろうと思ったが雨のため2度寝。
今日は久々に、出勤前ご近所10kmコースにチャレンジ。信号4箇所、小だら坂2箇所の体調確認に良いコースである。

結果、ぜんぜんだめですね! 足が回らないし、すぐ疲れがたまる。だら坂上では25kmまでスピードが落ちる。信号含め10km22分下りトップスピード44kmでした。体調最悪!!
また晴れてれば早く起きて走ろ~~っと!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

柏ミニポタ

今日は、午前中は自治会の草刈。

午後から 柏ミニポタを実施。

北柏集合し、アサヒ飲料の工場を迂回して、大堀川サイクリングロードにでる。ここは整備されて2~3年か? 以前は16号を渡るのに難儀したが今はアンダーパスが出来ている。道の状態及び車道との交差で一々止まるのが難ですが、手賀沼~柏市西部方面に抜ける重要な自転車道です。豊四季あたりから右折、寺の裏の暗いミニ坂道を行きTXを過ぎて、サンキにて休憩。ここできよしろ~さんから仕入れていた情報により、激安頭型バンダナ99円×2を買う。 これはよく使うしお買い得だった!

少し走って、柏の葉公園。久々の晴れとあって人がよく出ていた。ここから少し行った所に今日の目的のパン屋「サフラン」がある。 普通の郊外レストランかと思うような大きな駐車場を持つパン屋であり、イートインがあり、パンを買った人にはコーヒー無料なのがサイクリストとしては魅力。

今日は初心者がいたが、まだ走れそうなので、少し距離を伸ばすことにする。東大キャンパスの大きな建物の中を走り、運河に向かう林の小道を抜けて、運河サイクリングロードに到着。自転車は走りやすいが、風が少し強く、このまま利根川沿いのサイクリングロードを走るのは辛い。

市立柏高校脇で休憩してから、なごみの米屋 柏大山台店に向かう。 この店で塩豆大福を買って、やはり店内で食べる。お茶のほかに、冷たいウーロン茶、コーヒーがあるのがポイント高かったです。さて帰ろうとしたら、パンク発生、駐車場の時間ぎりぎりの人がいたので、ここで全体としては、解散し、北柏に車を置いた人を送ってさらに解散。

全体で26km程度のミニポタでした。 初心者がいたにしては、よく走れたオフ+よりどころ満載のオフでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月14日 (日)

松山としまなみ海道

急に松山に出張5/13が決まった。14日はフリーである。
地図を見るとしまなみ街道が近い。だが木曜の時点で日曜日の予報は雨の予報は。
土曜は仕事が終わってから、坊ちゃんで有名な道後温泉と松山城を訪れた。道後温泉は古い由緒正しい町中の和風温泉。往時の反映ぶりがうかがえる良いお風呂でした。
さて、食事をした後予報を見ると、くもり後晴れに変わっているじゃないですか! こりゃしまなみを走って帰るしかない!!  ってことで急遽情報を入手。 今治の糸山サイクリングターミナルでロードが借りられることが判明。松山のホテルからの電車時刻を調べて就寝。

14日に起きると、雲はあるものの雨の気配はまったくない。今治まで電車、タクシーを乗り継ぎ、糸山サイクリングターミナルまで行く。
自転車を借りたい! 車種は? ロードです。どこまで? というようなやりとりの後、ロードとご対面。 一応パナです。フラットロードの3×7 26インチタイヤは25Cぐらいか? でもこんなところで借りる自転車じゃ良い方かな? もちろんポジションはめちゃくちゃ! ハンドルは近いし、サドルも低い。身長の低い私でこうだから、背の高い人は大変!

   

060514_08340001_7 060514_08480001

糸山からはまず橋まで登り。自転車用のらせん斜橋があり坂ではあるものの、楽に登れる。登り切ると、今回一番長く見晴らしの良い鳴島海峡大橋の側道を走ることができる。長大橋を渡るのは初めてだったのでほんとに気持ち良いです。今日は、メータもついてないしどれぐらいで走っているか分からないが、橋の半分より向こう側になると下り坂になってスピードが出て気持ち良い。橋が終わると下りの螺旋斜橋になりこれも気持ち良い。

大島に入り、ドラッグストアーがあったので補給食、日焼け止めを買う。天気が良いので日焼け止めは必持。大島の中をさくさく走って、次は伯方・大島大橋。塩で有名な伯方島の伯方ビーチで休憩。なんと塩ソフトがありました。
なんとなく体に悪そう!食べたけど塩の味はしません。

060514_10070001_4

060514_10000001

大三島橋の登りを景色を見ながら登っていると、後ろからクロスバイクに乗ったおやじに追い越される。 追い越され際あいさつするが返事なし。それほど早くないので、しばらくついて登る。以外に遅いんでつい追い越してしまい追い越しぎわに挨拶するがまた返事なし。あれ?このおやじ急にコース以外のところを登りだす。ついていっちゃまずいと、本来のコースを走る。橋の上にでるとちょっと前にいる。トップスピードはたいしたことないから、ピューっと追い越す。
料金所で止まって財布を取り出して払おうとするとこのおやじ走りながら、金を料金箱に投げる。う~ん馴れてるな~。また前に出られる、登り下りは、自転車とバイクのコースが別になっているが、このおやじ下りは急にバイク用にコースを変える。またまた離される。でも平地ではすぐに追いつき追い越す。次の多々羅大橋では、登りで男女8人ぐらいのパーティが前を走る。クロスバイクに平服。スピードはたいしたことはなくどんどん追い越して行く。このグループは追い越し際に挨拶するとちゃんと挨拶が帰って来るのでうれしい。一番前のリーダ格に話を聞くと、尾道から昨日雨の中を走り、今日は今治から尾道まで行くとのこと。

生口島に入り、そろそろちょっと休みたいと思っていたところ、雰囲気の良い店を発見。サンセットビーチのレストラン。テラスに白いテーブル、イス、傘があり良い雰囲気。11時過ぎなのでテラス独占。気持ち良かったんで、早目の食事にする。ゆっくりと食事、コーヒーを取ってから出発。次の目標は平山郁夫美術館。 自転車で来ていることを忘れて、まったりと絵画鑑賞。ゆったりとした時間を過ごす。

美術館を出た所で、コースを見失い、土産物屋のおばちゃんに道を聞く。暇なのかまあまあと、お茶とお菓子を出されしばし自転車のことを根掘り葉掘り。おいしそうなソフトクリームをつい注文して食べてしまう。

ここから先はあと橋2つ。だが、以外にも道がわかりずらくなって来る。曲がり角ごとに確認。特に因島の中は難しかったですね。生口橋、因島橋を経て向島に入る。ここまでえくるとだいぶ車が増える。尾道へ渡るフェリーがまた難易度が高い。結局は3箇所ぐらいある、フェリーのどこでも良いようだ。
最後に尾道の自転車回収所で自転車を返した時は14:30だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

お気に入りのパン屋

今日の、下見

石窯パン工房 サフラン 柏の葉店 

何が良いって 大きなパン屋でイートインがあり、店の外にもテーブルがあって買ったパンと サービスの コーヒーが飲める。
つまりパンだけを買えば良い。
朝6:30~やっているので朝早くても大丈夫!  朝早く自転車乗って寄ってもOK。
パンもほんとにおいしいですよ!

本番 ポタは 21日予定です。 今のところ10人参加予定かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

久しぶりのクルーザー

ひととせさんに誘われて、久々にヨットに乗りにいった。

三崎口駅集合で、油壷の諸磯湾に向かう。ヨットの船体のは、春夏秋冬 ひととせとかかれている。なるほどハンドルの由来はここにあったのかと納得。

船体に上がり着替えをしていろいろ準備してから船を海に入れ乗り込む。朝から少し風が強いのが気になっていたが、海に出て見ると白波がバンバン出ていて湾の外に出られず。湾の中をぐるっと回ってアンカリング。

そこで バーベキューパーティーの開始。
食材がつぎつぎこれでもかと出てくる。ビール、カクテルとお酒系もたっぷり。
12時から4時前ぐらいまでず~と海の上で楽しい時が過ごせました。

ひととせさん セッテイングありがとうございました。

B691b068f9dfe4824328f4d96ff55c3b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

2006筑波春の八時間耐久レース

去年 人数が足りないということで、急遽参加した4040メンバーでの筑波春の八時間耐久レースが思いのほか面白かった。 今年は参加者が10名となったのでCチーム(チャレンジチーム) Eチーム(エンジョイチーム)の2チームを編成し参加した。

Cチームは 男性5名 Eチームは 男女中学生も含めた混合チーム

私は5人男女中学生も含んでの混合エンジョイチームである。 スピードを追求するより当日を楽しむためのチームである。

朝 6時につくばサーキットの近くのコンビニに集合しそろって入場。 受付にすでにかなりの人数が並んでいました。受付が終わってタープを張る場所を探すが、すでに大きな場所はほとんどなくちょっと焦る。去年タープを張った場所方向に行くとたまたま1ヶ所だけタープが張れる場所が空いていたので、隣に断って、やっとのことで場所を確保。今日のために準備したタープを張った。 これで設置班としての第一目標は終了。その後まかない班も集合、荷物を運び込み準備完了。

その後、コースの試走を開始。 去年の思い出がよみがえって来る。去年は1周が長く感じたが、コースが分かってきたからか、短く感じる。6時過ぎに入場して設営、試走まで以外にいろいろやることがあり、スタートの時間が近づいて来る。

128503319_174_2

いよいよ10時 Eチームの第一走者として、スタートラインに立つ。サドル持ちはmakiさんにお願いする。 意外に冷静にスタート開始。みんな中央に向かってスタートするので外側にコースを取ると意外に前の方に出られる。初めのうちは、ばらばらで隊列が出来ないが、徐々に束の列が出来る。ついつい目いっぱい走ってしまい20分も経たないうちに第二走者のひととせさんに交代。 交代後2周もしないうちにレッドフラッグ。 落車した人が計測用のケーブルを切ってしまったらしい。 

10:40から再スタート 3番手hochocolaさんにスタートしてもらおうと準備していると、タイヤに空気が入っていない。あわててスタートを2番手ひととせさんにお願いする。1回目に走った分がリセットされてしまったのでちょっと残念。

hochocola ひととせjr mintと続き、二回目いや一回目の順番が回ってくる。スタートしてすぐ40kmオーバーの集団に入れた。 今年は、去年の約400チームから約300チームと少なくなって、カーブでの走行密度が減っていて走りやすく、安全になった。さすがにずーっと40kmオーバーだとちと辛く、少しちぎれてピットイン。

その後回は、40km以下ぐらいで走る集団を見つけてついて行くようにした。

応援者は、kabigonさん 古河から自走で来たアルさん トトロッチ、ラッキー夫妻 akiさん ナオさん satouさん とたくさんの人に訪れてもらいありがたかったです。 みなさんいろいろ差し入れ、写真撮影等ありがとうございました。やはりみんなにささえられているとう実感がします。

10:40から始まったので終了は18:40とばかり思っていたが、18:00終了とのこと。最終ランナは、mintさん または私というところだが、40分もの走行は無理とのことで、ピット閉鎖前に私に交代。 

今年も最終ランナーを勤めさせて頂いた。 去年はラストランの時に左右からチーム員が出迎える形でしたが、今年は仕掛け花火を見ながら、片側から出迎える形でした。ちょっと感動的!

Photo_5

 昨夜自転車を片付ける時に、”フォークに計測器が付いている~~~!!!” ということに気が付いた。 朝から事務局に何度も電話するものの繋がらない。 そうこうするうちに事務局から電話がかかってきて、郵便で送ってくれれば良いとの連絡が来た。やっぱりもって帰っちゃう人 多いんだろうな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

野田プチグルメ

今日は、野田の和菓子店の伊勢屋にて季節商品のかしわ餅を買う。 やっぱり和菓子店で買うかしわ餅はおいしい。 粒餡は草もち風の餅にくるまれていました。 その他大福等もおいしそうでしたが、次回の宿題としました。

060501_10410002

次は、愛宕駅前の懐石料理屋 「あた后」 以前のキッコーマンの社長が住んでいたというしょうゆ御殿を使ったお店で由緒ある美術品が各種飾られています。
愛宕駅はこの邸宅のためのプライベート駅だったそうです。

   Atago98_1 Atago99_1

Atago100_1

懐石料理は写真のとおり

 
Atago1Atago2Atago3 Atago4 Atago5 Atago7 Atago8 Atago9 Atago10 Atago11

Atago12_1

食事だけでなく、歴史ある建物も楽しめ、 野田を堪能したいならお勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »